読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤井直樹くんにささげるロマンス

この世にうまれてきてくれてありがとう。

藤井直樹くんがアイドルになってから一年

だいあり 現場メモ

思えば私がジャニーズのオタクを始めたときは、情報源といえばブログやmixiが主流でひたすらグーグル検索をかけたりトラバ機能(死語では?)に頼ったりして生きていたわけで。

あーtwitterって便利だなぁ。最近そう感じます。

 

藤井直樹君を好きになったときに、”応援したい子ができたらとりあえずブログを始める”ことをモットーに生きていた私は、とりあえずこのブログを開設したわけだけど、気づけば更新しないまま3か月が過ぎていました。

 

藤井直樹君が夏、秋、につづき冬もど真ん中だったお話をします。

 

いつか直樹君がもっと大きな舞台で輝く存在になったときに、自分が読んで思い出して涙を流すためだけにブログを書いています。自分による、自分のためのブログです。内容をまとめたりはしていません。

 

 

ジャニーズオールスターズアイランド。

 

 

オタク「#とは?」

 

 

となってから早数か月。

ジャニーズの舞台で内容なんて興味なくてただ藤井直樹君のお顔を、ステージで輝くその姿を見たいがためだけに、たった数回だけれど、足をはこんだ帝劇。

 

 

正直、直樹くんを入所からずっと応援してきたわけではないし、浮気もしたし、すごくお金をかけてるわけでもないし、こんなことを言える立場でも感じられる立場でもないのは重々承知の上、

 

 

はじめて直樹くんが帝劇に立っているのを見たその日、

 

「あぁ、私の好きな子は、この歴史ある帝劇で、0番に立てる存在なんだな」って

誇らしくなりました。

 

 

涙で前が見えなかった。

 

すぐぬぐったけど。必死で直樹くんの姿を追ったけど。

 

 

入所してからたった一年で、こんな舞台に立たせてもらえて、きっと直樹くん自身が一番めまぐるしい日々を送って大変なはずなのに

それでも舞台のうえでキラキラ輝く直樹くんは、いつものスーパーアイドル藤井直樹くんで、

 

こんなに幸せなことってあるのかな。

 

重くなりすぎた。

来年もまた、この舞台に帰ってきたいと、さらに大きくなって、帰ってこようね、と。勝手に思いました。ちゃんちゃん。

 

1月23日は直樹くんの入所1年記念日、ご縁に恵まれて、その日の公演を観劇することができました。回数多く見てきた訳ではないから思い込みかもしれないけれど、心なしか12月公演よりもキリッとしつつも楽しんで舞台にたっているように感じました。

 

アイランド期間を通しての感想としては、全体的に歴史の話が重すぎてズドーンと来てしまうことと、二幕がガチャすぎることと、それにしても直樹くんはど真ん中すぎること、全部含めてすごく楽しかった。ジャニーさんは天才。

 

夏は全公演一人で見に行って、さっさと帰っていた私が、お友達と連番して観劇したり開演前や幕間にお友達に会ってフォトセ交換をしたり、その点でもすごく楽しかった。

 

アイランド自体の感想は機会があればまとめたいと思います。(文章にしておかないとすぐにすべて忘れてしまう)

 

オケピからでてくる直樹くんがキラキラすぎる話とか、見つめって微笑む那須佐藤が世界平和に貢献しすぎている話とか、浮所くんは確実にロマンス経験者だろうなっていう煽りを入れている話とか、全部全部忘れたくない。

 

 

東京B少年っていうユニットがすごく、好きになった、冬でした。

 

 

全73公演、藤井直樹くんをはじめ、全出演者のみなさん。本当にお疲れ様でした。

 

 f:id:classJfujii:20170125212557j:image

 

 

12月も1月も結局少年収に入らず、2月も行けないことが決定している私の次の現場は3月の少年収か、はたまた、Jr祭りか。到底ファンなんて言えないくらいの茶の間具合だけれど、藤井直樹くんのお顔が今日も世界で一番可愛いことだけは事実です。

 

今後もふらふら浮気をしつつ、藤井直樹君がデビューして東京ドームに立つその日まで、ひっそりと応援し続けたいと思います。

 

 f:id:classJfujii:20170125212521j:image

 

では。